診療放射線技師の国家試験の詳細|合格率や難易度、対策方法まで

最終更新日:2022年2月21日
 公開日:2021年8月27日

診療放射線技師は、医師の指示を受けてレントゲン撮影やCT検査、血管造影などを担当し、ケガや病気の診断・治療をサポートする職業にあたります。医師・歯科医師以外で放射線を人体に照射できる唯一の職業であり、需要の高さが期待されている一方、実際に働くためには国家試験に合格しなければなりません。

今回は、診療放射線技師を目指している人に向けて、国家試験の詳細を紹介します。合格に向けたおすすめの対策方法も解説していますので、自分自身の夢をつかむためのヒントとして、ぜひ参考にしてください。

【関連リンク】診療放射線技師になるには?養成施設で学ぶ内容と事前対策を徹底解説

診療放射線技師の国家試験の受験資格

診療放射線技師になるためには、国家試験に合格したうえで有資格者登録簿への登録を受けなくてはなりません。有資格者登録簿への登録をもって、診療放射線技師を名乗ることが可能です。

国家試験の受験資格を得るための主な条件は、下記のとおりです。

  • ・学校教育法第90条第1項の規定によって、大学に入学することができる人
  • ・文部科学大臣指定の大学や短期大学、もしくは都道府県知事指定の放射線技師養成所などにおいて3年以上、知識や技能の学習を終えた人

(出典:厚生労働省「診療放射線技師国家試験の施行」/
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/shinryouhoushasengishi/)

上記のほか、外国の診療放射線技術に関する学校などを卒業した人や、診療放射線技師に相当する免許を受けた人も、厚生労働大臣の認定を受けることで受験資格が得られます。厚生労働大臣の認定を受けるためには、所定の期間に必要書類を提出する必要があります。必要書類の詳細を厚生労働省のホームページで確認し、必要に応じて手続きしましょう。

日程と受験地

診療放射線技師の国家試験は、年1回・毎年2月に実施されます。合格者の受験番号は毎年3月、厚生労働省のホームページに掲載される流れです。診療放射線技師の国家試験は全国どこでも受験できるわけではなく、北海道や東京都、大阪府など8都市の中から選択します。

ただし、「58年改正法」による、改正前の「診療エックス線技師試験」「特例試験」に合格しており、科目免除を受けたい人は、東京都以外での受験はできません。厚生労働省のホームページにおいて、科目免除を受けるための条件を確認しておきましょう。

診療放射線技師の国家試験で出題される科目

診療放射線技師の国家試験では、さまざまな分野から問題が出題されます。国家試験で出題される科目は下記のとおりです。

科目名 概要
基礎医学大要 人体の構造や機能、主要疾患に関する知識を問う科目
放射線生物学(放射線衛生学を含む) 放射線が人体に及ぼす影響や副作用について問う科目
放射線物理学 放射線の種類、発生方法などについて問う科目
放射化学 放射性物質の性質や化学反応に関する知識を問う科目
医用工学 電界や電位、半導体など電子工学分野の計算問題や基礎知識を問う問題が出題される科目
診療画像機器学 X線撮影装置やCT装置、ガンマカメラ装置などの原理や構造、メカニズムについて出題される科目
エックス線撮影技術学 X線・ST検査の撮影方法、撮影画像から検査名を回答する問題などが出題される科目
診療画像検査学 超音波検査の概要や超音波画像診断装置・MRI装置・CT装置の構成、撮像の原理などについて問う科目
画像工学 デジタル画像の解析、画像評価法などについて問う科目
医用画像情報学 アナログ写真やデジタル画像のメカニズム、画像加工に関する知識を問う科目
放射線計測学 放射線量の測定法や測定機器の使い方を問う科目
放射線治療技術学 主に癌に対して検討される放射線治療の種類や適応部位、具体的な手法などについて問う科目
核医学検査技術学 SPECTやPETなどのインビボ検査、インビトロ検査などに関する知識を問う科目
放射線安全管理学 原子力基本法や放射線障害防止法などの法律知識、外部・内部放射線の防護に関する知識が出題される科目

診療放射線技師の国家試験では、医療業界の最新技術や仕事を安全に進めるための法律知識、画像作成力や読影力を問う問題など、さまざまな内容が出題されます。基礎分野・専門分野の科目別配点を意識したうえで効率的に学習を進めて、試験範囲の理解度を深めてください。

【関連リンク】診療放射線技師の仕事内容とは?必要となるスキルから平均年収まで

診療放射線技師の国家試験の合格率・難易度は?

診療放射線技師の合格基準は、200点中120点以上を取得し、かつ0点の試験科目が1科目以下であることとなっています。診療放射線技師の国家試験の合格率は年度によって異なるものの、70〜80%程度であることが多いといえます。

2017年から2021年までの国家試験受験者数と合格者数、合格率は下記のとおりです。

受験者数 合格者数 合格率
2017年 全体 2,939人 2,511人 85.4%
(うち新卒者) 2,408人 2,311人 96.0%
2018年 全体 2,971人 2,237人 75.3%
(うち新卒者) 2,589人 2,196人 84.8%
2019年 全体 3,202人 2,537人 79.2%
(うち新卒者) 2,590人 2,315人 89.4%
2020年 全体 2,914人 2,397人 82.3%
(うち新卒者) 2,395人 2,207人 92.2%
2021年 全体 2,953人 2,184人 74.0%
(うち新卒者) 2,528人 2,099人 83.0%

(出典:厚生労働省「第69回診療放射線技師国家試験の正答・合格発表の訂正とお詫び」/
https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2017/siken06/about.html)

(出典:厚生労働省「第70回診療放射線技師国家試験の合格発表について」/
https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2018/siken06/about.html)

(出典:厚生労働省「第71回診療放射線技師国家試験の合格発表について」/
https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2019/siken06/about.html)

(出典:厚生労働省「第72回診療放射線技師国家試験の合格発表について」/
https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2020/siken06/about.html)

(出典:厚生労働省「第73回診療放射線技師国家試験の正答・合格発表の訂正とお詫び」/
https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2021/siken06-2/about.html)

新卒者のみの合格率は80〜90%であることが多く、全体の合格率を上回ります。診療放射線技師の国家試験は、大学や専門学校の授業内容をきちんと理解し、科目間の関連性を意識して対策すれば十分に合格できるためです。

臨床検査技師の国家試験の出題範囲は幅広く、専門知識を問われる可能性があるものの、極めて合格難易度が高い試験には該当しません。出題されやすいポイントを中心として効率的に学習し、合格を勝ち取りましょう。

診療放射線技師の国家試験に合格するための対策2つ

診療放射線技師の国家試験に合格するためには、当日までのスケジュールを逆算し、十分な試験対策を取ることが大切です。では、具体的にどのような勉強方法で対策を進めればよいでしょうか。

ここでは、診療放射線技師の国家試験に合格するための対策を紹介します。

なるべく多くの過去問を解く

おすすめの対策方法は、国家試験の過去問をなるべく多く解くことです。最低でも5年分の解説付き過去問題集を購入し、出題パターンを把握しましょう。可能であれば10年分の過去問が収録された最新年度版の受験対策書を購入し、すべての問題に根拠を持って回答できる状態を目標にして、勉強を進めてください。

「すべての問題に根拠を持って回答できる状態」とは、正答以外の選択肢の誤りまで指摘できる状態です。正答できた過去問の解答・解説も丁寧に読み、正答以外の選択肢のどこが誤りであるかを精査して、知識を徐々に広げていきます。解説を読んでから再び過去問を解き、自信を持って回答できる問題数を増やしてください。

語句の意味を理解する

ほかの対策方法として、問題文や選択肢の中に分からない語句があったときは意味を調べて、正しく理解することも挙げられます。過去問の解説を読んでも分からない語句は、参考書で調べてノートに意味をまとめましょう。分からない語句の多い苦手分野は教科書も読み直し、基礎知識をおさらいします。

新卒で試験を受ける場合は、学校の先生に質問して知識を広げる方法もよいでしょう。語句の意味を正しく理解できるまで粘り強く質問し、分からないことを残さないように注意しつつ、学習を進めてください。

まとめ

今回は、診療放射線技師を目指している人に向けて、国家試験の受験資格や難易度、合格するための対策とおすすめの勉強法を解説しました。診療放射線技師の国家試験では幅広い知識が問われるものの、十分に勉強して臨めば合格できる可能性は高まります。

診療放射線技師の国家試験に合格するための対策としては、最低5年分の過去問を解き、語句の意味を正しく理解する方法がおすすめです。前向きな努力で国家試験合格を勝ち取り、自分自身の夢を実現しましょう。

【関連リンク】男女・勤務場所別で見る、診療放射線技師の給料について解説
未経験でも安心!アドバイザーがお手伝いします!マイナビに相談する
【関連リンク】マイナビコメディカルへの
よくあるご質問

信頼と実績のマイナビが運営する
安心のサービスです

診療放射線技師(RT)の転職ノウハウ

診療放射線技師(RT)の記事一覧を見る