神奈川県における作業療法士の給料相場は?求人の特徴や将来性も

最終更新日:2021年12月28日
 公開日:2021年7月19日

神奈川県の人口総数は、令和2年1月時点で約920万人となっており、東京都に次ぐ全国第2位の多さを誇っています。老年人口が占める割合も多く、全体の約25.4%にあたる約231万人が65歳以上です。

神奈川県では年々高齢化が進んでいる状況にあり、作業療法士の活躍できる場も増えています。活躍の場が増えたことにより、作業療法士を目指している方も多いのではないでしょうか。

今回は、神奈川県における作業療法士の給料相場について解説します。神奈川県で給料が高いエリアや、作業療法士の将来性・求人状況を紹介するため、神奈川県で作業療法士として働きたい方は、ぜひ参考にしてください。

【関連リンク】神奈川県の作業療法士の人気求人・給料ランキングはこちら!

【神奈川県】作業療法士の給料相場|全国平均との比較

下記は、神奈川県と全国の作業療法士の給料相場を比較した表です。

平均年収 平均月収
(賞与含めず)
手当・賞与
全国(※) 約410万円 約29万円 約65万円
神奈川県 約360万~420万円 約25万~30万円 約65万~78万円

(※出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html)

神奈川県における作業療法士は、平均年収は約360万円~420万円、平均月収は約25万円~30万円です。一方で、全国の作業療法士の平均年収は約410万円、平均月収は約29万円です。
神奈川県における作業療法士の給料相場は、全国平均と比較して低い傾向にあります。

ただし、神奈川県における作業療法士の給料相場は、マイナビコメディカルに掲載されている求人情報をもとに算出した推計値です。エリアや実務経験の有無、施設・運営形態などさまざまな条件で給料は変動します。

神奈川県の作業療法士の給料相場からは、下記のような特徴が読み取れます。

・全国平均よりも高い給料を設定している施設が多い
神奈川県における作業療法士の平均年収は幅があるものの、全国平均よりも高い傾向にあります。作業療法士は介護職の中でも月収が高く、常勤の給料相場は看護師・介護支援専門員(ケアマネージャー)に次いで高い状況です。

また、神奈川県は全国の中でも一、二を争うスピードで高齢化が進んでおり、シミュレーションでは、2050年には高齢化率が36.4%に達する見込みです。高齢化の進行が速い神奈川県では、リハビリテーション職のひとつである作業療法士の需要が高く、給料も高い状況にあります。

(出典:神奈川県「見てみよう2050年の神奈川県~人口推移シミュレーター~」/
http://www.pref.kanagawa.jp/policies/touch/07A/)

・手当や賞与の相場は全国平均以上の水準にある
手当や賞与は、勤務先によって異なるケースがほとんどです。しかし、神奈川県における作業療法士の手当や賞与の相場は、全国平均の約65万円を上回る約65万円~78万円となっています。
そのため、手当や賞与の額が高い職場で働くことができれば、高収入を目指すことも可能です

・就業先によっては、平均以上の年収になるケースがある
作業療法士の給料は、施設形態や雇用形態、業務内容だけでなく、就業先によっても異なります。給料が高めの就業先に就くことで、平均以上の年収を得られるケースもあります。

【神奈川県】作業療法士の給料が特に高い市区町村はどこ?

作業療法士の給料は、同じ神奈川県内でも地域によって月収や年収に差があります。

下記は、神奈川県で特に給料が高い市区町村の年収と月収をまとめた表です。
なお、下記の収入額はマイナビコメディカルの求人情報から算出した推計値となります。

横浜市 川崎市 相模原市 藤沢市 小田原市
年収 約368万~480万円 約352万~400万円 約368万~480万円 約368万~480万円 約368万~480万円
月収(※) 約23万~30万円 約22万~25万円 約23万~30万円 約23万~30万円 約23万~30万円

(※)手当・賞与分を含めていません

神奈川県で人口が多い横浜市・川崎市・相模原市・藤沢市・小田原市で、特に給料が高い傾向にあります。
横浜市・相模原市・藤沢市・小田原市については給与の差が少なく、いずれも約368万円~480万円が相場です。マイナビコメディカルの求人情報から算出した神奈川県全体の給料相場である約360万円~420万円を上回っています。

神奈川県で2番目に人口が多い川崎市の平均年収は約352万円~400万円で、神奈川県の給料相場よりもやや低い傾向です。ただし、上記表の金額には手当や賞与が含まれていないため、手当や賞与の額によっては他の地域以上の収入を期待することができます。

神奈川県における作業療法士の将来性は?

神奈川県では今後も高齢者の増加が見込まれることから、作業療法士の需要は高まると言えます。

下記は、過去10年の神奈川県における高齢者人口の実績値をまとめた表です。2010年時点の約178万人から5年ごとに約20~30万人増加しています。

2015年(実績値) 2020年(実績値) 2040年(実績値)
約211万人 約231万人 約292万人

(出典:神奈川県「人口に関する過去のデータ」/
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p379452.html)

(出典:神奈川県「神奈川県年齢別人口統計調査結果」/
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/x6z/tc30/jinko/nenreibetu.html)

(出典:神奈川県「Ⅱ 神奈川県における高齢者を取り巻く状況 参考資料3」/
https://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/898253.pdf)

作業療法士は、2010年から2020年までの10年間に4,000人~5,000人ペースで増加しており、全国の有資格者数は2020年7月時点で約99,000人に達しています。
人口10万対比で見ると全国平均は約52.8人です。しかし、神奈川県は人口10万対比で約24.8人と平均を大きく下回り、作業療法士が不足している状況です。

(出典:マイナビコメディカル「平成31年度作業療法士国家試験結果速報」/
https://co-medical.mynavi.jp/column/ot/kokushi_2019-ot/)

(出典:一般社団法人 日本作業療法士協会「日本作業療法士協会誌 第101号 2020年8月15日発行」/
https://www.jaot.or.jp/files/news/wp-content/uploads/2020/08/2020-08.pdf)

(出典:茨城県立医療大学付属病院「平成29年度 作業療法士 県別会員数増加率と県別人口10万対比ランキング」/
http://www.hosp.ipu.ac.jp/chiikishien/_src/sc701/H29OT.pdf)

また、作業療法士は高齢者だけでなく、けがや事故、病気により身体に障害を持った方に対するリハビリも行います。高齢者の増加に伴う需要よりもさらに高い需要が見込まれることから、作業療法士は将来性が高い職業と言えます。

神奈川県における作業療法士の求人状況

ここでは、神奈川県における作業療法士の求人状況を解説します。
下記は、神奈川県における作業療法士の求人数です。

【神奈川県】作業療法士の求人数 923件(2020年12月時点)

(出典:マイナビコメディカル/https://co-medical.mynavi.jp/)

マイナビコメディカルによると、2020年12月時点で神奈川県から出されている作業療法士の求人は923件です。

施設・事業所数で見ると451ヶ所から求人が出されています。
病院やクリニック、介護福祉施設・介護老人保健施設・特別養護老人ホームなど、さまざまな施設から求人が出ており、また雇用形態も豊富なため、自分に合った働き方ができる職場を見付けることが可能です。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
神奈川県の作業療法士求人を探す

作業療法士の就職・転職なら「マイナビコメディカル」の利用がおすすめ!

神奈川県で作業療法士の求人を探すなら、「マイナビコメディカル」の利用がおすすめです。マイナビコメディカルでは、無料会員登録をすることで、業界に精通するキャリアアドバイザーによる転職サポートを受けることができます。

非公開求人を含む求人情報から、求職者様の条件に合う勤務地・転職先を紹介する他、面接対策や履歴書などの書類添削サービスといった採用のアシストを行っているため、安心して転職活動を行えます。

また、条件交渉や施設見学・面接の日程調整の代行も行っているため、働きながら転職活動を行うことも可能です。

転職のプロによる客観的かつ的確なアドバイスは、就職・転職を考えている方にとって心強いものです。作業療法士への就職・転職を考えている方は、よりよい条件・環境を叶えるためにも、転職サポートが受けられる「マイナビコメディカル」の利用をご検討ください。

まとめ

神奈川県における作業療法士の給料相場は、全国平均と比較して高水準です。
神奈川県では今後も高齢化が進むことが予想されており、それに伴い作業療法士の需要が高まることから、さらに給料が高くなる可能性も考えられます。

神奈川県では、人口が多い地域を中心に900件を超える求人募集があります。求人数が豊富にあるため、転職しやすいだけでなく、希望する条件に合った職場を探すことも可能です。

「マイナビコメディカル」では、無料会員登録をすることで、キャリアアドバイザーによる転職サポートを受けることができます。効率よく転職したいと考えている方は、ぜひマイナビコメディカルをご利用ください。

【関連リンク】マイナビコメディカルに転職相談する (完全無料)

※当記事は2020年12月現在の情報を基に作成しています

信頼と実績のマイナビが運営する
安心のサービスです

作業療法士(OT)の転職ノウハウ

作業療法士(OT)の記事一覧を見る