作業療法士の給料・都道府県別ランキング|エリア以外の給料差も解説

最終更新日:2022年1月28日
 公開日:2021年7月19日

作業療法士として働く人の中には、現状の給料が果たして適正なのだろうか、と気になる人もいるでしょう。

作業療法士の給料相場は、幅広い傾向にあります。もし、業界における自分の立ち位置を把握したいと考えている場合は、相対的な指標が必要不可欠です。

そこで当記事は、作業療法士の平均給料と都道府県別の給料ランキングを紹介します。エリア以外で給料差を生む要因、給料を上げる具体的な方法も紹介するため、ぜひ参考にしてください。

【関連リンク】作業療法士の人気求人・給料ランキングはこちら!

作業療法士の給料・全国平均

厚生労働省の調査によると、作業療法士の給料は下記の通りです。

理学療法士・作業療法士の平均給料
年収 約410万円
月収 約29万円(賞与込み約34万円)

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況」/
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html)

令和元年度の平均年収は約410万円となり、前年度とほぼ同水準で推移しています。また、賞与の支給額は全国平均で年間約65万円です。

なお上記の金額には、作業療法士と同じくリハビリ職となる理学療法士の給料も含まれています。理学療法士と作業療法士で給料に大差はないものの、あくまで参考値として活用してください。

【都道府県別】作業療法士の給料ランキング

作業療法士の給料水準は、エリアによって異なります。それでは、各都道府県の中で最も給料が高いエリアはどこでしょうか。

ここではランキング形式で、1~10位までを紹介します。

上位10都道府県
東京都 約380万~450万円
大阪府 約380万~440万円
愛知県 約360万~430万円
北海道 約350万~430万円
神奈川県 約360万~420万円
埼玉県 約350万~420万円
千葉県 約350万~410万円
静岡県 約350万~400万円
兵庫県 約340万~400万円
宮城県 約340万~400万円

(出典:マイナビコメディカル/https://co-medical.mynavi.jp/)

最も給料が高いエリアは東京都です。年収は約380~450万円となり、施設により全国平均を大きく上回るケースもあります。病院や介護施設、訪問リハビリなど、いずれの施設における給料も高水準です。

次いで、給料が高いエリアは大阪府となります。東京都と大差はなく、施設や働き方次第では、東京都の平均年収を上回ります。3番目に給料が高いエリアは愛知県です。東京都と比べて、平均年収は約20万円下回ります。

東京都・大阪府・愛知県については、作業療法士を含む一般労働者全体の都道府県別賃金でも上位を占めています。一般労働者全体の平均賃金の高さが、作業療法士の給料水準にも現れている状況です。

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況」/
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html)

なお、上記のランキングは、「マイナビコメディカル」に掲載されている求人情報を参考にして、年収額を推定値で算出したものとなっています。
実際には職場や働き方により給料は異なるため、作業療法士として収入を上げたい場合は、ランキング以外の情報にも目を向けて、求人情報をしっかりと選ぶことが大切です。

【関連リンク】作業療法士の好条件求人を探す

エリア以外で作業療法士の給料が異なる要因

作業療法士の給料水準は、エリア以外の要因でも異なります。主な要因は、下記の2つです。

〇企業規模の違い
企業規模によって、作業療法士の給料水準は異なります。

施設規模別の平均年収
施設規模 1,000人以上 100~999人 10~99人
年収 約419万円 約401万円 約429万円
月収 約29万円※ 約28万円※ 約31万円※
賞与 約73万円 約63万円 約56万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html)
※月収には賞与が含まれていません

最も平均年収が高い施設は、職員数10~99人の小規模施設です。中規模施設で働く作業療法士と比べた場合、年収は約28万円、月収は約3万円高い状況にあります。
続いて平均年収が高い施設は、職員数1,000人を超える大規模施設です。平均年収は小規模施設を下回る一方で、賞与は約73万円と最も高いことが特徴となります。

施設規模による差は大きくないものの、給料水準を左右する要因の一つとなるでしょう。

〇性別の違い
性別による年収の違いも、給料差を生む要因です。

男女別の平均年収
性別 男性 女性
年収 約422万円 約394万円
月収 約30万円(賞与込み約35万円) 約28万円・賞与込み約33万円

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html)

性別による給料差は年収で約28万円、月収で約2万円となります。

一方で、超過実労働時間数は月5時間で男女差はありませんが、所定労働時間は男性のほうが、女性よりも長くなっています。

男女別の平均労働時間数
性別 男性 女性
所定労働時間 約160時間 約157時間
超過実労働時間数 約5時間 約5時間

(出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html)

女性のほうが、所定内労働時間がやや短い傾向にあり、パートやアルバイトとして働く人が男性よりも多いと推測できます。

作業療法士は、正社員以外の働き方を選ぶ女性が少なくないため、子育てなどプライベートとの両立を図りやすい仕事だと考えられるでしょう。

作業療法士が給料を上げる方法

エリアによる給料差を理解した上でも、すぐに他県に転居することは現実的ではありません。

それでは、作業療法士が現状より給料を上げるためには、どのような行動を取るべきでしょうか。ここでは、具体的に意識するべきこと・行うべきことについて詳しく紹介します。

セミナーに参加してスキルアップする

作業療法士が給料を上げるためには、セミナーに足を運び、学びの機会を積極的に増やすことが重要です。スキルや専門性を高めることで、人材としての価値が高まります。
作業療法士のセミナーは実技講習を伴うことが多く、現場で役立つ技術を身に付けることが可能です。

スキルや専門性を高めることは、役職を目指す上でも欠かせません。役職者となると、リーダーシップやコミュニケーション能力などもあわせて必要となるものの、給料は確実に上がるでしょう。
セミナーの情報は、日本作業療法士協会のサイトをはじめ、インターネットで収集できます。

資格を取得してスキルをアピールする

資格はスキルをアピールできる好材料です。資格を取得すると、資格手当など待遇面の向上を期待できます。作業療法士にとって有用な資格は、以下の3つです。

〇福祉住環境コーディネーター
1~3級まであり、高齢者や障害者がより良い生活を送るための提案ができる資格です。手すりの設置を提案したり、介護ベッドの使用方法を教えたり、資格取得により患者さんの自立支援を包括的に行うことができます。
資格要件は試験合格のみとなり、受験にあたり年齢・学歴・経験などは問われません。

〇3学会認定呼吸療法認定士
医療現場で必要とされる患者さんの呼吸管理や、人工呼吸器などの扱い方を学べる資格です。近年人気があり、看護師・准看護師・理学療法士なども取得しています。

【資格の取得要件】
・2年以上の実務経験
・認定委員会主催の学会や講習会を受講し、12.5点以上の取得

上記2つを満たした上で、認定講習を受講し、認定試験を合格する

〇認定作業療法士
作業療法士として、下記4つの能力が一定以上あることを証明できる資格です。

・臨床実践能力
・教育能力
・研究能力
・管理運営能力

認定作業療法士はスキルアップだけではなく、キャリアアップにも繋がる有用な資格です。「能力がある=即戦力」となるため、転職する際にも役立ちます。

【資格要件】
・5年以上の実務経験
・日本作業療法士協会・都道府県作業療法士会への加入
・認定作業療法士研修(共通研修・選択研修)の受講と修了試験の合格
・事例報告の提出

転職を検討する

作業療法士の給料は、働く環境によって大きく異なります。現在働いている施設で満足できる給料を受け取れていない場合は、転職を検討することも良いでしょう。

現状より稼げる地域や施設を探すためには、情報収集が必要です。しかし、現役の作業療法士が働きながら転職活動を行うことは容易ではありません。

そこで、医療職の転職支援サービス「マイナビコメディカル」の利用をご検討ください。
マイナビコメディカルは、無料でキャリアアドバイザーによるサポートを提供しております。
履歴書や職務経歴書の記入方法から面接対策まで、悩みがちなポイントをキャリアアドバイザーに相談でき、時間の大幅な節約が可能です。

さらに公開求人だけではなく、登録者だけが閲覧できる非公開求人も数多く掲載しております。転職を検討する際は、ぜひマイナビコメディカルをご利用ください。

まとめ

作業療法士の平均給料は、約410万円です。また、作業療法士の給料ランキング上位は、東京都・大阪府・愛知県の順番となっています。さらに、施設規模や性別によっても、給料差が見られます。

記事内で取り上げた給料データやランキングは、自分の給料が適正か否かを判断するための指標として役立てましょう。

転職を決意した際は、ぜひ「マイナビコメディカル」をご利用ください。マイナビコメディカルは、最新の求人情報を豊富に掲載しております。マイナビコメディカルを活用して、自分の希望を実現できる職場を探してみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】マイナビコメディカルに転職相談する (完全無料)

※当記事は2020年11月現在の情報を基に作成しています

信頼と実績のマイナビが運営する
安心のサービスです

作業療法士(OT)の転職ノウハウ

作業療法士(OT)の記事一覧を見る