臨床検査技師の国家試験の詳細|合格率や難易度は?

最終更新日:2021年12月21日
 公開日:2021年8月27日

臨床検査技師になるためには、高校卒業後に大学や専門学校において養成課程を修め、国家試験に合格する必要があります。国家試験の合格は、臨床検査技師として理想のキャリアを実現するための第一歩です。

この記事では、臨床検査技師の国家試験の詳細について、合格率や難易度などを解説します。臨床検査技師の国家試験に合格するための勉強方法も紹介していますので、生理学的検査や検体検査の専門家として病院などで活躍したい人は、ぜひ参考にしてください。

【関連リンク】臨床検査技師になるには?臨床検査技師に求められる能力についても解説

臨床検査技師の国家試験の受験資格

臨床検査技師の国家試験を受験するためには、文部科学大臣の指定する学校もしくは臨床検査士の養成施設において、3年以上学習する必要があります。また、下記のようなルートでも受験資格を得ることが可能です。

  • ・学校教育法に基づく大学などにおいて、医学または歯学の課程を修め、卒業する
  • ・国内もしくは外国で、医師もしくは歯科医師の免許を取得する
  • ・国内もしくは外国の医師や獣医師、歯科医師、薬剤師などの大学を卒業し、文部科学大臣の指定する学校もしくは臨床検査士の養成施設において所定の科目を修める
  • ・外国の臨床検査技師養成所を卒業する、もしくは外国の臨床検査技師に相当する免許を取得したうえで、厚生労働大臣の認定を受ける

(出典:厚生労働省「臨床検査技師国家試験の施行」/
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/rinshoukensagishi/)

最短ルートで臨床検査技師の受験資格を得るためには、3年制の短大もしくは専門学校で学習し、専門知識を養うことが必要です。また、社会人から臨床検査技師を目指す場合は、夜間課程のある専門学校で学習する方法が検討されます。

【関連リンク】臨床検査技師・臨床工学技士・診療放射線技師の違いと、
学校の選び方とは?

日程と受験地

臨床検査技師の国家試験は、毎年2月に実施されて3月末に結果が公表されます。国家試験は全国いずれの都道府県でも受験できるわけではありません。北海道・宮城県・東京都・愛知県などの9都市から、試験地を選択しましょう。

国家試験の受験手続きには、受験願書と写真、返信用封筒、卒業証書の写しもしくは卒業証明書(卒業見込証明書)などが必要です。受験者の区分によって規定の書類が異なるため、提出書類の詳細は厚生労働省のホームページで確認しましょう。

臨床検査技師の国家試験で出題される科目

臨床検査技師の国家試験は、1問1点で200問が出題される試験です。出題範囲は幅広く、基礎的事項から専門性の高い内容までが問われるため、効率的に受験勉強を進めて苦手分野を克服する必要があります。

国家試験の出題科目と概要は下記のとおりです。

科目 科目の概要
医用工学概論(情報科学概論及び検査機器総論を含む) ・医用工学概論は電気や電子回路の基礎知識、情報科学概論はコンピュータやネットワークなどに関する知識が問われる科目
・検査機器総論は、医療機器の原理や特性について問われる科目
公衆衛生学(関係法規を含む) ・公衆衛生学は、医療の仕事に関わるうえでの心構えや基礎知識を問われる科目
臨床検査医学総論(臨床医学総論及び医学概論を含む) ・臨床検査医学総論や医学総論は、呼吸器疾患や消化器疾患などについて問われる科目
・臨床医学総論は臨床検査技師の役割などについて問われる科目
臨床検査総論(検査管理総論及び医動物学を含む) ・臨床検査総論は臨床検査技師の役割や心構え、検査管理総論は臨床検査の意義などが問われる科目
・医動物学は、寄生虫病や感染症について出題される科目
病理組織細胞学 ・病理組織細胞学は、解剖学や細胞診、染色など、病理全般に関する知識が問われる科目
臨床生理学 ・臨床生理学は、生理系検査に関して出題される科目
臨床化学(放射性同位元素検査技術学を含む) ・臨床化学は、生化学の基礎知識を問われる科目
臨床血液学 ・臨床血液学は、血液学的検査に必要な基礎知識が問われる科目
臨床微生物学 ・臨床微生物学は、微生物の構造や感染症の診断、治療法などについて問われる科目
臨床免疫学 ・臨床免疫学は、免疫系の仕組みと免疫検査が必要な疾患、検査法などについて問われる科目

臨床検査技師の国家試験は、午前・午後それぞれで100問の問題を解きます。午前・午後のいずれにおいても、記述式の問題はありません。

【関連リンク】臨床検査技師の具体的な仕事内容から向いている人まで徹底解説!

臨床検査技師の国家試験の合格率・難易度は?

臨床検査技師の国家試験の合格率は年度によって異なるものの、7〜8割前後であることが通常です。2017年〜2021年の受験者数・合格者数・合格率は、下記のとおりです。

受験者数 合格者数 合格率
2017年 全体 4,739人 3,729人 78.7%
(うち新卒者) 3,870人 3,481人 89.9%
2018年 全体 4,829人 3,828人 79.3%
(うち新卒者) 3,948人 3,572人 90.5%
2019年 全体 4,816人 3,620人 75.2%
(うち新卒者) 4,002人 3,462人 86.5%
2020年 全体 4,854人 3,472人 71.5%
(うち新卒者) 3,940人 3,273人 83.1%
2021年 全体 5,115人 4,101人 80.2%
(うち新卒者) 3,947人 3,614人 91.6%

(出典:厚生労働省「第63回臨床検査技師国家試験の合格発表について」/
https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2017/siken07/about.html)

(出典:厚生労働省「第64回臨床検査技師国家試験の合格発表について」/
https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2018/siken07/about.html)

(出典:厚生労働省「第65回臨床検査技師国家試験の合格発表について」/
https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2019/siken07/about.html)

(出典:厚生労働省「第66回臨床検査技師国家試験の合格発表について」/
https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2020/siken07/about.html)

(出典:厚生労働省「第67回臨床検査技師国家試験の合格発表について」/
https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2021/siken07/about.html)

新卒者に限定した合格率は85〜90%前後の年度が目立ち、全受験者の合格率を上回ります。2018年・2021年のように合格率が9割を超える年度も見られるため、十分に勉強を重ねれば合格をねらえる国家試験といえるでしょう。

また、試験は200点中120点の取得で合格となります。合格率が大きく落ち込む年度も見られないことから、「極めて難易度が高い国家試験」には該当しません。

臨床検査技師の国家試験に合格するための対策2つ

臨床検査技師の国家試験は、決して難易度が高い試験ではありません。とはいえ、確実に合格するためには十分な事前準備が必要です。基本的な対策をしっかりとしたうえで、試験に臨みましょう。

ここでは、臨床検査技師の国家試験に合格するための対策を紹介します。

過去5年分の過去問を解く

1つめの対策は、最低5年分の過去問を解き、出題傾向や国家試験の全体像をつかむことです。まずは臨床検査技師の過去問を購入し、1年分を解いてください。間違えた問題は問題集の解答や解説書、参考書をよく読み、正答以外の選択肢のどこが誤っているかを十分に把握しましょう。

その後、間違った問題を再び解き、すべて正解できる状態に至るまで同じことを繰り返します。1年分の過去問で満点を取れる状態になってから他の年度の過去問に挑戦し、同じ要領で学習を進めてください。

同じ問題を何回も解く

2つめの対策は、同じ問題を最低3回は解き、確かな知識を身につけることです。過去問を1回目に解いたときと2回目に解いたときでは、正解できる問題が異なることも多くあります。1回目は正解したにもかかわらず、2回目で誤答をしてしまった場合、「十分に理解できている」とはいいきれません。同じ問題を何回も解いて不確かな知識をなくすことが、合格率を高めるコツです。

確かな知識を身につけるためには、過去問題集を2冊用意し、1冊を書き込み用としてノート代わりに使用しましょう。問題や回答の選択肢の中で分からない単語を見つけたときには、書き込み用の過去問題集に意味をメモして不確かな知識をなくします。

臨床検査技師の国家試験では、過去問をひねった問題が出題される可能性もあるため、解答を丸暗記するだけでは点数を伸ばすことが難しくなります。幅広い知識を身につけて、国家試験の合格を目指しましょう。

まとめ

今回は、臨床検査技師を目指す人に向けて、国家試験の受験資格と出題科目、合格を勝ち取るための勉強方法を解説しました。

臨床検査技師の国家試験ではさまざまな専門知識が問われるものの、極めて合格難易度が高い試験には該当しません。十分に勉強して臨めば合格できる可能性は高まります。

臨床検査技師の国家試験に合格するためには、最低5年分の過去問を解くことや同じ問題を何回も解き、正しい知識を身につけることが大切です。国家試験までのスケジュールを逆算して十分な準備期間を確保し、合格を勝ち取りましょう!

【関連リンク】臨床検査技師の平均給料は?収入をアップさせるための3つの方法も紹介
未経験でも安心!アドバイザーがお手伝いします!マイナビに相談する
【関連リンク】マイナビコメディカルへの
よくあるご質問

信頼と実績のマイナビが運営する
安心のサービスです

臨床検査技師(MT)の転職ノウハウ

臨床検査技師(MT)の記事一覧を見る