臨床検査技師向け!履歴書の書き方・ポイントを紹介!

最終更新日:2021年12月20日
 公開日:2021年11月1日

転職活動をする場合、履歴書の内容は非常に重要です。履歴書で良い印象を与えることができれば、面接に進むことができます。

履歴書で良い印象を与えたいと考えているものの、実際にどう書くべきか、悩む人は多くいます。少しでも差別化するためにも、書き方やポイントの把握は重要です。

この記事では、臨床検査技師を目指す人に向けて、履歴書の書き方を解説します。ポイントも併せて解説するため、臨床検査技師を目指す人は参考にしてください。

columun_rt_01

履歴書の書き方を注意点も含めて紹介

履歴書を書く際は、書き方を事前に把握して書くことが重要です。事前に書き方を把握することで、誤字脱字や間違いの少ない履歴書を完成させることができます。

ここでは、履歴書の書き方に関して、注意点も交えながら解説します。履歴書の書き方に悩む人は、この部分を参考にしてください。

日付・氏名

履歴書に記載する日付は、郵送する場合と持参する場合で記載する日付が異なるため、注意してください。

● 郵送する場合:投函する日付
● 直接持参する場合:持参する日付

西暦、和暦はいずれを使用しても問題ありませんが、履歴書内で西暦と和暦が混在しないようにしてください。また、パソコンで履歴書を作成する場合は、数字の全角・半角を混同しないよう、すべて半角で記載しましょう。

住所

住所を書く場合、まずは郵便番号から書き始めます。その後、都道府県から市区町村まで順番に書きましょう。
マンション名・アパート名や、部屋番号も正確に記載してください。

連絡先

電話番号は、自宅の電話番号もしくは携帯電話の番号を記載します。連絡がつきやすい携帯電話の番号が望ましいでしょう。

記載するメールアドレスは、相手がわかりやすいメールアドレスにしてください。
例えば数字の「0」とアルファベットの「o」は、間違えられるケースも多くあります。
数字の「0」の場合は、中に斜線を引いてわかりやすくするなど、見やすさに配慮してください。

<ポイント>学歴・職歴を書く際に気を付けるポイント
①入学年や卒業年などは、和暦か西暦に統一する

入学年や就職・転職した年は、和暦(平成、令和など)か西暦のどちらかに統一しましょう。採用担当者が読みやすいだけではなく、自分の記入ミスも防げます。

②学歴と職歴でそれぞれまとめて書く

学歴と職歴は、分けて記入しましょう。学歴は中学校卒業からはじめ、高等学校や専門学校、大学などの入学・卒業の年月を記入します。

職歴は、1ヶ月以内のアルバイトなどは記載する必要はありません。学校名や就業先の施設名は正式名称で記入してください。

学歴・職歴

学歴、職歴は、それぞれすべて記入します。漏れや間違いがないよう確認し、左揃えで記入しましょう。西暦と和暦の混在にも注意してください。

学歴は、中学卒業から書き始めます。母校の正式名称も事前に調べておきましょう。
海外留学の経験や、大学卒業後に専門学校に入学した場合なども、すべて履歴書に記載してください。大学院へ進学した場合、記載方法はとくに注意が必要です。

OK例 NG例 備考
大学院修了 大学院卒業 大学院は「修了」が正しい 。
大学院修了見込み 大学院在学中 年月は終了予定の年月を記載
博士課程単位取得退学 博士課程を修了したが、博士号を取得しなかった場合の記載

職歴も、原則としてすべての経歴を記載します。
ただし、1ヶ月以内の短期アルバイトや派遣の職歴は、記載しなくても問題ありません。
雇用形態別による職歴の書き方は、以下を参考にしてください。

正職員 〇〇病院 入職
契約社員・アルバイト 〇〇病院(非常勤職員) 入職
派遣社員 〇〇病院に派遣社員として就業
〇〇病院に派遣社員として期間満了にて終了
異動となった場合 〇〇研究所に異動

医療機関へ就職した場合は「入社」「退社」ではなく「入職」「退職」と記載する点に注意してください。
学歴・職歴が書き終われば、右下に「以上」と記載します。

臨床検査技師の履歴書の注意点

履歴書を書く際には、押さえるべきポイントがあります。とくに、以下の2点は必ず押さえたうえで履歴書を書きましょう。

◯なぜその職場で働きたいのか

臨床検査技師の求人は多くあるため、職場の選択肢もさまざまです。なぜ応募先の職場で働きたいと思うのか、明確な理由がなければ「どの職場でも良いのではないか」と採用担当者に思われてしまいます。
このような状況を避けるためには「この職場で働きたい」という思いを、具体的にわかりやすく記載することが大切です。

志望理由を具体的に書くためには、志望先の雰囲気や特色を事前にリサーチしましょう。
志望先で独自に行っている検査などがあれば、その経験を積みたいとアピールすることもおすすめです。

◯臨床検査技師としてどのようなキャリアを積みたいのか

臨床検査技師としてどのように仕事に取り組むか、またどのような臨床検査技師になりたいのか、将来的なビジョンを伝えることもポイントです。認定資格の取得や学会活動への参加など、積極的な姿勢を自己PRとしてアピールできれば、心象が良くなります。

医療業界は、少しのミスが患者さんにとって重大な悪影響をもたらすこともあるため、日々の業務を着実にこなせる人材が求められます。途中でさじを投げることなく、地道に努力し続けられる姿勢も自己PRとして伝えましょう。

志望動機の例を紹介

ここからは、志望動機の例文に関して、良い例文と悪い例文をそれぞれ紹介します。

◯良い例文

現在、クリニックに勤務し、臨床検査技師2人体制で検査業務にあたっています。スタッフが限られているため、採血、検体検査、生理検査などさまざまな業務に携わってまいりました。広く全般的に担当できることに魅力を感じる一方で、より心臓超音波検査のスキルを磨きたいという想いが芽生え、貴院への転職を希望しています。

今後は心臓超音波検査の経験を積み、循環器領域の超音波検査士の資格を取得したいと考えています。将来的には超音波検査士の資格を活かし、貴院に貢献してまいります。

「循環器の診療が盛ん」という志望先の特色に、自分の将来的なビジョンを絡め、志望先に就職したい想いが伝わる良い志望動機です。
資格取得という自身のスキルアップのみならず、資格を生かして志望先に貢献できる点もアピールすることで、良い印象がもたれやすくなります。

◯悪い例文

私が貴院を志望した理由は、患者数の多い病院であるためです。症例が多い分、私自身のスキルアップにつながるのではないかと考えています。また、年収や通勤手当など待遇面も良いため、その分やる気につながると思います。採用していただいた際には、責任を持って自分の仕事に取り組もうと思います。

こちらの志望動機は、将来的なビジョンや志望者の人柄が伝わりにくい内容です。待遇面で就業先を選んでいると思われる可能性もあるため、採用者の印象は良くなりません。

責任を持って自分の仕事に取り組むことは、当たり前のことです。より深い志望内容を考えて、作成しなければならないことを覚えておきましょう。

求人の検索はマイナビコメディカルで!

臨床検査技師で転職を考えている人は、医療・介護に特化した転職サイトである、マイナビコメディカルの利用がおすすめです。

マイナビコメディカルでは、転職情報を日々収集し、その情報を豊富に掲載しています。専門のキャリアアドバイザーが医療機関や施設に出向き、職場の特徴を把握しているため、希望に合った求人情報を選ぶことが可能です。

勤務地や経験の有無による絞り込みはもちろん、「〇〇が学べる環境の病院・施設」「残業が少ない病院・施設」など、さまざまな切り口から求人を選ぶこともできます。

マイナビコメディカルでは、職務履歴書の添削や面接練習などの転職サポートも受けられるため、安心して転職活動が進められます。マイナビコメディカルを活用して、転職活動を成功させましょう。

まとめ

ここまで、臨床検査技師を目指す人に向けて、履歴書の書き方やポイントを中心に解説しました。

臨床検査技師の転職活動では、履歴書の内容で採用可否が大きく変化します。内定がもらえるよう、ポイントを押さえて履歴書の記入を行いましょう。とくに、志望動機は採用者が重視する点であるため、志望先の特色や自己PRを織り交ぜながら記入してください。

マイナビコメディカルを利用すれば、自信を持って転職活動に臨むことができます。マイナビコメディカルに登録し、万全なサポートのもとで転職活動を進めましょう。

信頼と実績のマイナビが運営する
安心のサービスです

臨床検査技師(MT)の転職ノウハウ

臨床検査技師(MT)の記事一覧を見る