アプリケーションスペシャリストの年収は?仕事内容やメリットも解説

最終更新日:2021年2月24日
 公開日:2021年2月15日

診療放射線技師は、放射線の専門家として医療現場で活躍する仕事です。
診療放射線技師の中には、病院以外に医療機器メーカーでアプリケーションスペシャリストとして活躍する人もいます。

診療放射線技師からアプリケーションスペシャリストを目指す場合、もっとも気になる項目は「年収」でしょう。

今回は、アプリケーションスペシャリストの概要や仕事内容を踏まえて、アプリケーションスペシャリストの平均給与を解説します。
転職して年収アップを目指す方法も紹介するため、アプリケーションスペシャリストの仕事に興味を持っている人や転職を検討している人は最後まで読んでみてください。

アプリケーションスペシャリストとは

アプリケーションスペシャリストとは、医療機器メーカーにおいて営業支援を行う技術職のことです。医療現場と医療機器メーカーの間に立って自社製品について説明し、技術的な問題を解決・調整する役割を担います。

アプリケーションスペシャリストの担当モダリティは、求人募集の時点で確定しているケースがほとんどです。
医療機器メーカーによっては、臨床検査に必要な検査機器を取り扱っていることから、臨床検査技師・臨床工学技士からアプリケーションスペシャリストになる人もいます。

アプリケーションスペシャリストが活躍できる場所

アプリケーションスペシャリストの主な仕事内容は、医療現場で求められるニーズに対して自社製品が「できること」「できないこと」を整理し、調整することです。

臨床現場経験を持つアプリケーションスペシャリストの場合、医療機器に関する豊富な知識を持っているだけでなく、医療機器を使用する顧客の意図も理解できることが強みとなります。そうした知識やノウハウを活用し、顧客の問題解決に向けてサポートすることで、営業を支援します。

アプリケーションスペシャリストの業務内容の一例は下記の通りです。

・導入予定顧客への医療機器の説明
医師などから高度で専門的な質問や要望が出た場合、営業担当だけでは顧客の真意を的確に汲み取れないことがあります。そこで現場の意図を理解できるアプリケーションスペシャリストが顧客をヒアリングし、自社製品で対応可能か判断したり、代替案を提案したりします。
・既存顧客への使い方の説明・フォロー
定期的に既存顧客である医療機関を訪問し、丁寧にヒアリングを行うことは、通常業務の多くを占める重要な仕事です。自分の知識やスキルを活かして、使用方法を指導することもあります。
・学会におけるプレゼンテーション
「国際医用画像総合展」などの大規模な学会では、医療機器メーカーのブースが用意されています。そこに開発機器と同じタイプのデモ機を持ち込み、診療放射線技師などに商品説明を行います。学会に登壇し、自社製品をプレゼンテーションすることもあります。
・講師として講習会や研修会に登壇
医療機関における医療機器の新規導入や新人研修で撮影方法などの講習会を行います。また、社内の営業担当や新人のアプリケーションスペシャリストに対して研修を実施することもあります。講師を担当するアプリケーションスペシャリストは、キャリアを積んだベテランであることがほとんどです。
・医療機器の販売方法の提案
市場調査・データ分析を行い、自社製品の強みを踏まえたうえで、より多くの医療機関に導入してもらうためのアイデアを提案します。現場でのニーズを研究し、競合商品と差別化を図ることが重要となります。

アプリケーションスペシャリストの平均年収

アプリケーションスペシャリストの平均年収は、約450万~700万円です。
アプリケーションスペシャリストは自社製品の販促や会社の売上に貢献することが主な仕事内容であるため、高い報酬が用意される傾向にあります。

対して診療放射線技師の平均年収は約502万円であり、アプリケーションスペシャリストの平均年収は比較的に高水準と言えます。

なお、アプリケーションスペシャリストの平均年収に開きがある理由は、マイナビコメディカルの求人情報から給与を算出しているためです。アプリケーションスペシャリストの年収は、企業規模・保有資格・年齢・経験によって異なります。

職種 平均給与
アプリケーションスペシャリスト(※1) 約450万~700万円
診療放射線技師(※2) 約502万円

(※1出典:マイナビコメディカル/https://co-medical.mynavi.jp/

(※2出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

アプリケーションスペシャリストの年収における特徴として、外資系企業や上場企業では特に給与水準が高いことが挙げられます。
求人サイトに掲載されたアプリケーションスペシャリストの求人情報の中には、未経験の診療放射線技師の有資格者でも「年収360万~600万円」となっている求人も存在します。

特に外資系では年功序列ではなく実績が評価されるため、営業支援での結果を出せば給与に反映されます。具体的な昇給率や昇給額はメーカーによって異なりますが、将来的な給与額はアプリケーションスペシャリストと診療放射線技師とでは大きく差が出るでしょう。

さらに、残業手当・出張手当・住宅手当などの手当が別途支給されることも、アプリケーションスペシャリストの平均年収を押し上げている要因のひとつです。

また、管理職を募集するアプリケーションスペシャリストの求人では、より給与が高い傾向にあります。そのため、技師長や主任などの管理職に就けば、年収800万~1,000万円を目指すことも不可能ではありません。

アプリケーションスペシャリストとして働くメリット・デメリット

アプリケーションスペシャリストとして働くことにはメリットだけではなく、当然デメリットもあります。

アプリケーションスペシャリストの仕事に興味を持っている場合は、メリット・デメリットを踏まえて自分に向いているかどうか判断しましょう。

メリット

・診療放射線技師よりもアプリケーションスペシャリストのほうが給与は高い傾向
・当直や夜勤、呼び出し対応などがない
・福利厚生が充実しており、完全週休二日制や年間休日120日以上の企業が多い
・基本的に土日祝は休みが取れ、ワークライフバランスを保てる
・仕事では自分でスケジュールを組めるため、比較的自由に行動できる

デメリット

・出張が多いため、体力やフットワークのよさが求められる
・先方の都合でスケジュールを組むことが多いため、計画性や管理能力が必要となる
・営業に近い職種のため、重圧を感じることもある
・医療機関での勤務に比べ、残業時間は増える傾向にある
・患者と直接関わり、医療行為を行うことはできない

アプリケーションスペシャリストの仕事は、バイタリティがあり、コミュニケーションを取ることが得意な人に向いています。
また、スケジュール管理能力が高く、自分の役割をしっかりと果たすことができる人であれば、アプリケーションスペシャリストとして十分に活躍できるでしょう。

転職して年収アップを目指すためには?

診療放射線技師として現状の給与に不満を抱いている場合、アプリケーションスペシャリストの給与の高さが非常に魅力的に感じられるでしょう。
しかし、給与だけに着目して転職を決めることは得策ではありません。

診療放射線技師とアプリケーションスペシャリストでは、仕事内容だけでなく、求められる資質も異なります。年収だけを見て転職すると、「思っていた仕事と違う」「自分には向いていない」と後悔する恐れがあります。

そのため、年収アップを狙って転職活動を行う際は、自分の適性やキャリアを見据えることが重要です。

マイナビコメディカルでは、年収アップを念頭に置いて、求職者様の適性や経験に見合った転職先をご案内することが可能です。診療放射線技師の資格を活かしてキャリアアップや年収アップを目指したい人は、マイナビコメディカルをぜひご利用ください。

まとめ

アプリケーションスペシャリストは、医療機器メーカーで医療系資格を活かして営業支援を行う職種です。

営業職ではありませんが、アプリケーションスペシャリストの業務が売上に大きく影響するため、年収は高めとなっています。特に、外資系企業や管理職になると、診療放射線技師よりも高い年収が期待できます。

ただし、アプリケーションスペシャリストは体力やコミュニケーション能力、計画性が求められます。診療放射線技師からアプリケーションスペシャリストに転職すべきか迷っている場合は、医療分野に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているマイナビコメディカルにまずはご相談ください。

信頼と実績のマイナビが運営する
安心のサービスです

その他・医療介護職(OTHER)の転職ノウハウ

その他・医療介護職(OTHER)の記事一覧を見る