自分に合う求人の探し方!求人探しの注意点と転職成功のポイント

更新日 2023年11月17日 公開日 2023年11月17日

#情報収集 #転職検討/準備

現在、転職を考えているみなさんのなかには、「どのように求人を探せばよいのかわからない」「志望動機や自己PRをうまく組み立てられない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

転職活動をスムーズに進めるには、ポイントを押さえて求人を探すことが大事です。また、転職にあたっては、自己分析や企業研究などの準備もきちんと行う必要があります。「転職によって自分がどうなりたいのか」や、「転職先で自分の強みをどのように生かしたいのか」などが曖昧なままだと、自分に合った転職先を見つけるのが難しくなるからです。

そこで今回は、自分に合った求人の探し方から、転職を成功させるためのポイントまでをわかりやすく解説します。ポイントを押さえて行動することで、効率よく転職活動を進めてください。

転職のプロがあなたにマッチする
職場探しをお手伝いします♪(完全無料)
自分に合う求人の探し方!求人探しの注意点と転職成功のポイント

自分にぴったり合う求人の探し方とは?

転職したいからと言ってやみくもに求人情報を検索しても、「この職場で働きたい」「ここなら自分の強みを生かせる」と心から思える求人は、なかなか見つからないものです。そして、魅力を感じないまま求人に応募しても、志望動機や自己PRをきちんと組み立てられなくなるため、採用担当者に好印象を与えるのは難しいでしょう。

転職活動をするにあたっては、求人情報を探す前に入念な自己分析や企業研究を行うことが肝心です。特に自身の強みやスキルを明確にする自己分析は、自分にぴったりの転職先を探すのに欠かせない作業となります。

ここでは、「自己分析のやり方がよくわからない」という方のために、具体的な手順を紹介しましょう。

STEP1:転職に至った経緯を振り返る

自己分析を行うにあたっては、転職理由をしっかり掘り下げることが重要です。待遇や人間関係に関するネガティブな理由で転職を考えるケースも少なくありませんが、面接などでそのまま伝えてしまうと、採用担当者に「同じ理由ですぐ辞めそう」と思われる可能性があります。

ネガティブな理由で転職する場合は、まず転職を思い立った理由や前職で感じた悩みを冷静に振り返ってみましょう。「なぜ前の職場に不満を持ったのか」「その問題を解決するために何が必要だったのか」がわかれば、ネガティブな理由をポジティブな理由に言い換えられるからです。転職理由を明確かつ前向きにとらえることで、「どういう企業・施設で、どういった働き方をしたいか」という転職先選びの軸も見えてくるでしょう。

STEP2:自分が求める仕事・働き方を考える

転職理由と転職先選びの軸が明確になったら、「前職はここに不満を感じていたから、次はこうしたい」といった具合に、自分の希望する仕事内容や働き方を分析します。

例えば、前職の活動方針に不満があった場合は、求人を出している企業・施設の理念や方針に共感できるかをポイントにするとよいでしょう。適正に評価されず、昇給や昇格の機会に恵まれなかったことが転職理由である場合は、応募先のホームページなどで評価制度を確認することから始めてみてください。また、仕事内容で悩んでいた場合は、自分のスキルを最大限発揮できる業務に携われるかどうかをポイントにしましょう。

そうやって、希望と照らし合わせながら今後のビジョンを模索することで、自分に合った求人を探しやすくなるはずです。

おひとりで抱え込まず、お気軽にご相談ください!(完全無料)

求人を見るときの注意点|転職成功のポイント

転職を成功させるためには、応募先のニーズと自分の希望、強みが一致している必要があります。求人を探すなかで好条件の求人を見つけたとしても、企業・施設が求める人物像に当てはまらなければ、採用に至るのは難しいでしょう。

よい求人がなかなか見つからない、あるいは不採用が続くときには、思い切って新しい世界にチャレンジしてみるのも1つの手です。自己分析を通して「前職とは異なる分野に活路を見いだすのもよさそう」と思えるようなら、別の業種・職種にも目を向けてみましょう。

別の業種・職種に転職する場合でも、前職で得た知識や経験がまったく役に立たないケースはほとんどありません。「目の前の課題に対して責任をもってやり遂げる能力」「さまざまなスタッフと意志疎通を図るためのコミュニケーション能力」など、今まで培ってきたスキルと応募先で重視されるスキルに共通点がないかを探し出し、自分の可能性を広げましょう。

初めてでも安心!キャリアアドバイザーが
しっかり面接対策します!(完全無料)

【求人の探し方】求人を探す4つの方法

求人探しの方向性が定まったら、実際に求人探しを進めていきましょう。求人を探すときの具体的な方法としては、求人情報誌、ハローワーク、知人からの紹介、転職サイトの4種類が挙げられます。自分のライフスタイルや人脈などに合った方法を選んで、効率よく求人探しを行ってください。

ここからは、4つの方法の詳細とそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

求人情報誌を見る

近年はインターネットで求人を探す方も増えていますが、有料の求人雑誌や駅やコンビニなどに置いてある求人フリーペーパー、新聞の折り込みチラシなどから求人情報を探すのも有効です。

そうした紙媒体は、インターネットの求人情報と比べて「地域密着型の求人」に強い傾向があります。また、パラパラとページをめくるなかでさまざまな求人が目に入るため、まんべんなく情報をチェックできるのも紙媒体のメリットでしょう。

一方で、求人情報誌や折り込みチラシは情報の掲載スペースが限られているため、1件あたりの情報量が少ないという弱点があります。リアルタイムでの情報更新ができないことから、応募する前に採用枠が埋まる可能性がある点にも注意が必要です。

ハローワークに行く

全国各地のハローワークでは、無料で求人情報検索機を利用でき、インターネットサービスを使っていつでも求人情報を探せます。地元の求人を中心に取り扱っているため、Uターン・Iターン希望の方も使いやすいでしょう。

また、若年層向けのヤングハローワークや、マザーズハローワーク(子育てしながら就職したいという求職者に向けて就職支援を行う施設)などからの求人があるのも、ハローワークの特徴です。相談窓口で書類添削や面接指導などを受けられるほか、転職セミナーなどのイベントも頻繁に開催されているので、情報収集やモチベーションの維持にも役立つでしょう。

ただし、ハローワークは地元の中小企業に特化しているため、大手企業に転職したい場合は他の方法との併用をおすすめします。

知人から紹介を受ける

近年は、知人から「うちの会社(あるいは施設)で働かないか」と紹介を受けて転職する方が増えています。こうした紹介による転職は「リファラル採用」と呼ばれ、さまざまな企業・施設で積極的に導入されるようになりました。

紹介で転職することのメリットは、「知人から詳しく話を聞けるため転職後の働き方がイメージしやすいこと」や、「知り合いがいる安心感から新しい環境になじみやすいこと」などです。リファラル採用は企業・施設側にとってもメリットが多く、力を入れている事業所も増えているため、転職活動をしている旨を周囲に伝えておくと、声がかかる可能性が高まるでしょう。

その一方で、知人からの紹介であるがゆえに、給与・待遇などについての希望が言いにくかったり、ミスマッチがあってもなかなか退職できなかったりする側面があります。

転職サイトを利用する

転職サイトに無料登録すると、多くの求人をスムーズに検索できるほか、希望条件に合った求人を紹介してもらうことが可能です。紹介されるのは、キャリアアドバイザーが厳選した求人ばかりなので、自分に合った求人を見つけやすいでしょう。さらに、キャリアアドバイザーによる書類添削や面接対策などのサポートも利用できます。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といった職種で転職を考えているのであれば、医療介護業界に強いマイナビコメディカルを活用してはいかがでしょう。マイナビコメディカルには、以下のような特徴があります。

●理想の働き方を実現しやすい
マイナビコメディカルでは、「高収入」「管理職候補」の正社員求人から「未経験歓迎」「長期ブランクOK」のパート・アルバイト求人まで、幅広い求人情報を取り扱っています。そのため、家庭と仕事を両立しながら無理なく働きたい方はもちろん、フルタイムで働いてキャリアアップしたい方も、理想の働き方を実現しやすいでしょう。
●非公開求人が豊富にある
ある程度のスキルを持つ経験者の場合は、マイナビコメディカルの非公開求人を活用するのがおすすめです。非公開求人には「高収入」「高待遇」も多く見られ、一般的な求人と比べて短期間で内定が出やすい点に特徴があります。ただし、非公開求人は募集人数が少なく、すぐに掲載期間終了となる可能性がある点に注意しましょう。

転職サイトで求人探しを行うにあたって、「どの転職サイトにするか迷ってしまう」という方は、ぜひ一度マイナビコメディカルにご相談ください。

求人票ではわからない職場の雰囲気を知りたい!
マイナビコメディカルを利用するメリットは?

まとめ

転職活動で失敗しないためのコツは、最初に「なぜ転職したいのか」「転職してどうなりたいか」をしっかり掘り下げ、自己分析を行った上で求人を探すことです。どんなに好条件の求人でも、企業・施設から「この人と働きたい」と思われなければ、内定を得ることはできません。客観的かつポジティブな転職理由と今後のビジョンを固めることで、自分にぴったりの企業・施設を見つけやすくなるでしょう。

求人情報を探す手段はいくつかあり、どの探し方にもメリット・デメリットがあります。自身の生活スタイルや希望する転職の仕方に合わせて、使いやすい方法を選びましょう。

マイナビコメディカルの
キャリアアドバイザーに転職相談する(完全無料)
転職のプロがあなたにマッチする
職場探しをお手伝いします♪
マイナビに相談する
【関連リンク】マイナビコメディカルへのよくあるご質問

監修者プロフィール

マイナビコメディカル編集部

 

リハ職・医療技術職・栄養士のみなさまの転職に役立つ情報を発信中!
履歴書や職務経歴書の書き方から、マイナビコメディカルサイト内での求人の探し方のコツや、転職時期ごとのアドバイス記事などを掲載。
転職前の情報収集から入職後のアフターフォローまで、転職活動の流れに添ってきめ細やかなフォローができる転職支援サービスを目指しています。

その他・医療介護職(OTHER)の転職ノウハウ 記事一覧

その他・医療介護職(OTHER)の記事一覧を見る

その他・医療従事者のピックアップ求人

その他・医療従事者の新着求人2024年2月更新!

視能訓練士
柔道整復師
あん摩マッサージ指圧師
鍼灸師
医療事務

人気コラムランキング

直近1ヶ月でよく読まれている記事を
ランキングでご紹介します。

職種・カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す

著者・監修者から記事を探す

簡単1分無料転職サポートに申し込む